top of page
Search
  • Writer's pictureHiroshi Goto

ソーシャル・セキュリティ給付の算定基礎となるPIA(Primary Insurance Amount)とは

Updated: Jan 25

アメリカのソーシャル・セキュリティは、老齢年金(Retirement Benefits)、遺族年金(Survivor Benefits)、障害年金(Disability Benefits)など、さまざまな状況において家庭の経済的なサポートを提供する制度です。PIA(Primary Insurance Amount)は、このソーシャル・セキュリティ制度において重要な役割を果たす要素の一つです。本記事では、PIAとは何か、どのように計算されるか、そしてどのように重要な役割を果たすのかについて詳しく説明します。

 


Primary Insurance Amount

PIAとは?

PIA(Primary Insurance Amount)は、様々なソーシャル・セキュリティ給付額の算定基礎になる数値であり、老齢年金の場合、個々の受給者が標準受給開始年齢(Full Retirement Age。1960年以降生まれは67歳)で毎月受け取ることができる金額を表します。これは、ソーシャル・セキュリティの給付金の計算において非常に重要な要素であり、PIAが高いほど、受給者はより多くの給付金を受け取ることができます。

 

PIAの計算方法

PIAは、個々の労働者の報酬履歴に基づいて計算されます。以下は、PIAの計算方法の要点です。

報酬の物価調整: まず過去の報酬をその年からPIA算定時点までの全国平均賃金の伸び率(Average Wage Index)で調整して、賃金伸び率調整後の価値に合わせます。これにより、過去の報酬が現在価値で評価されます。

 

35年間の平均報酬: 報酬履歴の中で受給者が最も高い報酬を得た35年分を合算し、420(35年×12か月)で割って調整後平均月次報酬(Average Indexed Monthly Earnings、AIME)を算出します。なお、報酬履歴が35年に満たない期間は報酬ゼロとして扱います。

 

PIAの計算: 調整後平均月次報酬(AIME)のうち、$1,174以下の部分の90%、$1,174超$7,078以下の部分の32%、$7,078超の15%を足し合わせます($1,174、$7,078は2024年の基準値)。これがPIAとなります。

たとえば、あなたのAIMEが$7,500だったとしましょう。この場合、

90%×$1,174 = $1,057

32%×$5,606 ($7,078 - $1,174) = $1,889

15%×$442  ($7,500-$7,078) = $63

で、PIAは$3,009となります。

PIAの計算

なお、PIAは受給資格が生じた年(老齢給付の場合は62歳)に計算され、その後は、受給開始しているかどうかにかかわらず、毎年物価調整(Cost of Living Adjustments、COLA)されます。

 

PIAの重要性

PIAは、ソーシャル・セキュリティ給付の重要な算定基礎であり、次の点で重要です。

生活の維持: PIAが高いほど、受給者はより多くの給付金を受け取り、生活水準を維持するのに役立ちます。

家族のサポート: 受給者のPIAは、配偶者や扶養家族の給付金の算定基礎にもなります。PIAが高いと、家族全体に対する給付額が増えます。

リタイアメント・プランニング: PIAは、将来のリタイアメント・プランニングにおいても重要です。将来の報酬も加味したPIAを計算し、受給者がどの程度の収入を期待できるかを考慮に入れます。

 

できるだけPIAを高くするには

PIAを高くするためには、以下のポイントに注意しましょう。

調整後平均月次報酬(AIME)を算出する際の35年間で、報酬歴がない年はゼロとして計算されます。つまり、できるだけ多くの年数にわたり、高い報酬を得ることが高いPIAにつながります。

ただし、35年を超える報酬歴の場合、最も報酬が高い35年しか考慮されませんので、長ければ良いという訳でもありません。

またPIAの計算過程にあったように、相対的に低所得者に手厚い制度設計になっています。調整後平均月次報酬(AIME)が$7,078を超える部分は、PIAに15%しか影響しません。

 

まとめ

PIA(Primary Insurance Amount)は、アメリカのソーシャル・セキュリティ給付の重要な数値であり、受給者の給付金額を決定する上で大切な役割を果たします。PIAの計算方法やポイントを理解し、将来の経済的な安定と生活の質を向上させるために活用しましょう。ソーシャル・セキュリティについての詳細な情報はSocial Security Administrationのウェブサイトで取得できますし、個々人の報酬歴の記録やPIAはmy Social Securityアカウントを作ることで確認できます。こういったウェブサイトや専門家のアドバイスを参考にすることをおすすめします。

333 views

Comments


ブログ購読フォーム

購読ありがとうございます。

bottom of page